« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

裸眼3Dディスプレイ

201007143d

眼鏡を使った3D原理はなんとなく分かるのだが、最近海外の展示場でDSでも参考出品された裸眼3Dディスプレイ。

こちらの仕組みは想像もつかなかった。

あるIT展示会で原理が見られた、実物は混雑していたので見れなかったが・・・。

1つの実現方法であろう、実際見てみると、そんなものかぁ。

先ずは、静止画より進歩した3Dでいいのかも。これで人間には3Dに見えるのですね。

| | コメント (4)

2010/07/25

マンゴーココナッツ小倉白玉

20100724_cafe1_2

20100724_cafe2久しぶりにたまプラーザ、モンスーンカフェに伺いました。

それにしても、「たま」がひらがななんですよね。
で、いつもの生春巻きから始まるランチメニューではなく、夏の特別メニューでしょうか。サラダバーにチョコフォンデューがついたセットが1580円。

20100724_cafe3

チョコ・・お子様狙いのファミリー客がターゲットになってしまったかとがっかりですが・・。

バーについてる、デザート「マンゴーココナッツ小倉白玉」これが美味しくて、特に小倉がいいバランスでございました。
そして、いつも食事は8割程度で終えるのですが・・今回は食べ過ぎです。

鶏肉のフォー、パッタイと小倉・・の絵を載せておきます。

| | コメント (5)

2010/07/22

E46 318iMSP燃費報告

20100722_2002y_e46_318msp_2

燃費報告します。

そして、メーカーテストドライバーさんがお披露目していた格言を・・・

《燃費を伸ばすための「十か条」》

1.「急」の点く運転をしない

2.前方を良く見て無駄な加速はしない

3.ハンドルはなるべく切らない

4.発進は、タイヤを転がしてからアクセルオン

5.加速はじめのアクセルはゆっくり

6.その後は開度一定で目標速度まで加速

7.標準車速到達後はアクセルを動かさない

8.3台前の車両を見て早めの減速

9.加速は早めに、減速は長く

10.燃費最適なギア、エンジン回転で

単に節約だけでなく、ドライビングの基本があると思う。

| | コメント (4)

2010/07/15

踊る大捜査線3

20100711_3

踊る大捜査線3・・観てまいりました。

最近、映画プロモーションをTVでも効果的に演出していて、「青島sign01」、「すみれちゃん」、「室井sign03」など良く見かけます。

ワンもツゥーも、凄く良かったので期待したのですが・・・

今回は、技巧に走ってしまい、魂が薄くなってしまった感じ。結果、感動なく 寂しい限り。交渉人も和久さんも、内田ちゃんも空回り。

いくつか挿入シーンは、短編的に完結したもので、恐らく仔細まで凝った背景・小道具・演出をしたものが多かったのではないかと思うのですが・・哀しいかなストーリに結びつかず製作者側には好評なのでしょうか?、観客の心に届かないっていったところかな。

更に・・
湾岸警察署が引っ越したからって。。まさかそれがアイディアの原点?
和久さんのキャラは、どうしても必要ですね。穴が大きい感じしました。
悪役は、オールキャストすれば受ける?んでしょうか。

かなり・・・言い過ぎ・・・です。

※あっと、こぼれ話
 台場の東京テレポート駅のチャイム、「踊る・・」になってるんですよ。

| | コメント (10)

2010/07/14

仲町台H1 Cafe

20100620_h11

6/20 久しぶりにH1カフェに伺いました。

天気の良い日は、緑もきれいなここは本当に心地よい場所です。
人も少なくはないんですが、都会の喧騒から離れて一息という気持ちになります。

嫁は、こちらで購入したハワイアンジュエリーがとってもお買い得でまたお気に入りなのでまた、販売していないかと気になってます。
お聞きすると、近くに別に出店され販売しているとのこと、後でちょっと伺いました。

20100620_h12

伺ったのは、確かサッカーの試合があった翌日。今回は嫁と2人で、Clariceは大きくなったら仲町台のマンションに住みたいと言ってたとか、無駄話をして来ました。

| | コメント (4)

2010/07/06

地域救急医療の実態を垣間見る

7/1帰途、Clariceが「ママが具合が悪いのでリンゴと他に何か買ってきて・・」との伝言。そして、10分もすると・・・嫁からメールが入る

タイトル:くるしいわるいけど病院につれて

電話を代わってと要求しても、しゃべれない状態のよう、急いで帰ると熱と寒気、憔悴(体が弱って動けない)状態。こんな状態は初めてである。

いっそ救急車をとも思ったが、分厚の電話帳に載ってる『救急車を呼んだ方がいいか、病院にいった方がいいか迷ったら』(有料)局番なし#7119コールするもつながらない、より小さいフォントで付記された03-3212-2323コールすると、年齢・性別・症状・住所を聴かれ近隣の救急指定の登録病院の電話番号と住所を2件、3件・・と紹介する。・・・3件以上は聴く耳を持たなかったが・・・

19:00頃 結局、嫁が2件共に嫌い、車で10分程のS大病院にする。電話で事前伺いすると応対担当者がバックヤードにお伺いを立てた若干の時間の後、少し時間がかかるかも知れませんが、OK。「ただ、お薬は1日のみです。」とのこと。clariceを家に残し、羽織るものを捜して急ぎ向かう。

19:10頃 嫁がE46後部座席でヒーフー・・・死にそうな声・
19:20頃 S大近くに停まってたタクシーに夜間緊急外来を聞き、そのまま到着。だが受付は
     至って普通。そして受付直ぐ横のベンチで嫁がヒーフー
     「診察まで1時間はかかりませんよね」->『分かりません』
     「1時間以上になるということですか?」->『1時間以上かも知れませんし、5分かも知れません。』『緊急自動車が来るので車を移動願います。』
     私が車を移動している間の10分程の間に問診があったらしい。
19:45頃 嫁も寝苦しそうですが少し落ち着いてきて、診察を受ける。
     医師が開口一番『XXです』名前を名乗る。質問はwelcomeの対応、誠実な診察。
     更年期ではあるが、現在直接の原因が不明。どこも正常に見える。
     採血を含め15分もすると、念のためのレントゲン撮影のため2階へ
     『分かるようにしておきます』
20:00頃 待合場所で待つ。
20:15  手渡された案内図に『10分以上呼び出しがない場合は電話でコール』の記載があり、その電話(こちらは15分)でコールするとレントゲン技師にxx医師から連絡がなかった様子。確認後、撮影し20:30完了
20:35頃 X線撮影完了の用紙を渡し、また受付前のベンチで・・・待ち
      救急センター受付の壁には、色々な張り紙が・・
     『医療の妨げ、大声、解決し難い要求をつづける等は警察通報する場合・・』
     『医療は進歩しているとはいえ不確実、同意書等を求めることがある。院長』
     ・・・いったいこれは・・クレーマー患者が多いのだろうか?

     ・・現金清算であることと嫁が水が欲しいというので商店街のコンビニに行く。
     片道2,3分なのだが、この待ち、健常者の私でも空腹で忍耐が必要なシステム(どこにもぶつけられない)に怒りを覚える。・・・待ち・待ち・待ち・・・
21:15頃 「既に40分以上待ってるのですが、診察はまだでしょうか?」
     『確認します。』・・『今診察の次の番になりますので・・』
21:20頃 『XXXXさん 診察室5番へお願いします。』
     『白血球が少し・・写真の小腸に水が・・お腹の・・』『小腸の悪い菌が・・、抗生物質と漢方・・整腸剤・・』『他に質問ありませんか?』

21:45頃 S大病院前の薬局(夜間一人営業で、室内は檻のような仕切)で本人が来れないのに初回利用なので登録・アンケートに最低限必要項目を記入し薬を購入。

22:00頃 帰宅、嫁も少し元気になってきたみたい。・・何が影響したのだろう。休息か?

何とも、身動きもできない病気になって診察を受けるのに通常生活よりも忍耐と時間が必要になるとは・・この環境・システム、とても受け入れられない・・。たまに罹る医師に頼み込めばよいのか??
7/2は彼女の誕生日birthday

| | コメント (9)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »