« レッドクリフ Part2 | トップページ | ほたるいか2 »

2009/04/19

ほたるいか海上観光

20090419_2_220090419_1_2ほたるいか海上観光nightcarいってまいりました。

本格的に観たいと思ったのは確か3年前、毎年GWまでの1ヶ月弱しか海上での発光は拝めない。さらに、天然ものなので天候や潮にも左右される。因みに4/16,17は欠航だったらしい。
20090419_320090419_4観光ではありますが、経験された方はラッキーである。

キャンセル待ちから2週間経過、殆んど諦めていて心が無防備状態にあった前日朝電話をいただいた時点から、急激にホタルイカに目覚めていく家族でありました。
(事前予約が必要です、滑川市観光局までお願いします。)

4/18 20:00PM自宅をGO、翌朝2:30 富山県滑川市ほたるいかミュージアム集合
 東京-滑川 410㎞ 約5.5時間
 ・3:00出航で海上だから寒いだろうなぁ
 ・帰りは寝不足でちょっときついかなぁ
 ・高速道路は大幅値下げ・・・超ラッキーです。

20090419_aigame 受付を完了するとオレンジのライフジャケットを支給されちょっと気が締まる。海上観光は2shipで各60名程の観光客が乗船、漁場を2箇所見るもの。今回、環境にめぐまれほたるいかの発光をみることができました。good
ただ、発光が弱いのでカメラに殆んど捉えることができませんでしたcoldsweats01annoyは禁止です、焚いても写りません。そこで、一眼レフデジカメを駆使し映像に捉えた方に聞くと、ブレ覚悟で1秒開けてるらしい、実際見ると、確かにあの冷たい青色がブレてるがしっかり。ISOは幾つにしているのだろうと・・・横で彼の友人との会話を聞くと現在は12,800も可能??・・・そんな桁の(1600以上)があるんだ~知らなかった・・というか本当??

20090419_5Clariceは、漁見学中 猟師さんから活きたやつをいただき(こちらに向けた小網に手を伸ばしてゲット)、私の”大丈夫 (◎´∀`)ノ”という後押しがあり、心配しつつもその場で食し「おいしい!」と漏らしておりました。彼女にはいい思い出になりそうです。
後で聞くと、「足が微妙に光っていたが食べちゃった、塩味で甘くておいしい」とのこと。観光船に乗船する際、ビニール袋持参しすると便利かもしれません。
20090419_2あと、注意事項のほかには、帽子(頭を防寒するもの)があったほうがいいと思いました。

あの、冷たい・奥深い青色はすきです。

【重要】ほたるいかの生食は避けるべきとのこと、いかの内臓に旋尾線虫幼虫がいて腹痛(腸閉塞や皮膚のみみず腫れ)を起こす恐れがあるのだ。調べると、かなりビビる記述がありますが、実態はリンクの記事が一番信憑性があります。

《ご参考》

神秘な光を放ちながら産卵のために海岸に群れをなして押し寄せてくる富山名産「ホタルイカ」。
3月から5月、主に新湊から魚津にかけての沿岸に青緑色の幻想的な光を放ちながらホタルイカが浮遊する。200~600mの水深に生息しているが、産卵時期になると日没後海面にメスが浮上してくる。群遊海面は国指定特別天然記念物にもなっている。

|

« レッドクリフ Part2 | トップページ | ほたるいか2 »

Clarice's」カテゴリの記事

コメント

ヽ(゜ロ゜;)ノ  富山とはがんばりましたね!

しかもホタルイカ!新鮮なのは格別でしょうねぇー! (*゚▽゚)ノ

投稿: chandra | 2009/04/19 22:26

chandraさん こんにちは(^-^;

今年も、いけないと思ってましたから、電話もらったときにはビックリと戸惑いであたふたしました。

ちょっと変わった体験ができて良かったです。猟師さんも人の子、こちらの感謝感激を伝えると答えてくれます。
関東では、生はほとんど目にかかれないですが、この時期、おすし屋さんでネタにしているかも・・

ではでは、

投稿: clarice_papa | 2009/04/20 20:59

学生時代、新潟でよくイカ釣り漁船の光を見ました

本当に魚介類が美味しくって
向こうの回り寿司のほうが、群馬の高級料亭よりも
美味しいなんて、当たり前でしたからねぇ

投稿: たあ君パパ | 2009/04/20 23:55

たパさん どうも

ほんと獲れたては甘くておいしい。
>向こうの回り寿司のほうが、群馬の高級料亭よりも
そうですか~、やっぱ地元が一番ですね。

観光船とはいえ、珍しい経験をしました。客の中には、猟師さんから無料でアンコウをもらっている方も・・

ではでは、

投稿: clarice_papa | 2009/04/21 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッドクリフ Part2 | トップページ | ほたるいか2 »