« ジーコ・ジャパン クロアチア戦 | トップページ | キングコーン »

2006/06/26

ジーコ・ジャパン ブラジル戦

20060623_5

23日ドルトムント ブラジル戦
玉田は、家内が非常に応援している選手である。だが海外戦でフォワードの彼がゴールする場面を見たことがなかったので点をいれない玉田とばかにしていた。今回、前半34分のゴールは彼の価値を高めるだろうが、あの美しいゴールイメージも消えないだろう。本当にいい感じだった、ロスタイムでの美しいセンタリングからロナウドの同点ヘディングゴールまでの10分ほどは・・・
彼が後でインタビューしたようにこれでブラジルを本気にさせてしまったのかも知れない。ということは、本気ではやはり勝てないのだろうか。
川口が前半から4点を阻止するファインセーブをしていた。しかし、後半に入り次々に計4点を入れられた後は、ロナウジーニョの他GKまで交替。舐められている、ジーコさんに敬意を払ってこれ以上過激にしないというのか、余りの力の差を見せ付けられた試合でかつ情けなかった。今回は、クロアチア戦のあとのように次に向かってプラス志向にはなれず。ガックリ
今年の2006ワールド・カップは、終わったも同然でございます。

|

« ジーコ・ジャパン クロアチア戦 | トップページ | キングコーン »

Vita」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70696/2379406

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコ・ジャパン ブラジル戦:

« ジーコ・ジャパン クロアチア戦 | トップページ | キングコーン »