« IKEA船橋 | トップページ | ジーコ・ジャパン クロアチア戦 »

2006/06/25

ジーコ・ジャパン オーストラリア戦

20060612_fifa_2 カイザースラウテルン フリッツ・ワルター競技場

俊輔の先制から後半39分までどうにか敵の攻撃が激しくなる中、今考えるとどうにか凌いできたジャパンの疲れがめだっていたようだ。中盤でボールを奪われ相手カウンターによる必死のバックが多すぎていたのではないか。前半もう1点とっていたら・・・ひょっとしたらオーストラリア監督には見えていたのかも知れない、選手交替による攻め時を・・・
駒野がボールを抱えていることに気づかず腹の先で同点ゴールをされる場面。この1点で気が抜けたのか、わずか8分で3点を失う。

気分がすごくわるかった。

|

« IKEA船橋 | トップページ | ジーコ・ジャパン クロアチア戦 »

Vita」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70696/2378716

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコ・ジャパン オーストラリア戦:

« IKEA船橋 | トップページ | ジーコ・ジャパン クロアチア戦 »