« かたもみセンター・れ | トップページ | 京都ドライブ Part1 »

2006/05/07

深大寺とゲゲゲの鬼太郎

2006050413383820060504131008_2 深大寺と隣接する神代植物園にいってきました。

最近ナビがあるから楽ちんです。前もって地図調べをすることなくお出かけできるのですごく助かります。腰が軽くなっただけでも効果は絶大だと思います。ただ、基本的にポイント・トゥー・ポイントで隣接状況が見えないので良くない影響もあるが使いようだろうと思う。後で地図調べすればいいじゃん。

深大寺の門前そばは有名で、前から一度は食べてみたいと思っていた20060504160938 20060504162335が、こっちは事前調べが必要だったようだ。昼時に空腹だったので駐車場から歩くと始めに目のついた寺裏の店にはいった。そばは、市販のそばを裏で茹でたかのように味気ない。このレベルで、ざる\800、とろろ\900はちと恥ずかしいかろう。満たした後、門前を散策すると、手打ち実演、自家製そば粉など同じ値段で店の雰囲気もよさそうな店多数。次回は、門前西カドの元祖嶋田屋のそばを食べてみよう。

あめやは、モダン和風菓子というか、そばクレープ、くさ焼きまんじゅう、・・高菜パン、パインあめ、など面白いお菓子を高校生くらいのお姉さんお兄さんが売っている。
もう一軒、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪とコラボしているお店が面白い。写真はビビビのネズミ男・・分るかなぁ・・商品「ふりかけばばぁ」と「ふりかけじじぃ」(味が違う)このほかにも、思わず微笑んでしまう妖怪企画商品が多数ある。みずきしげると本格的に連携しているようだ。確か・・妖怪たちが陳列する小道がどこかにあったような・・と思っていたら・・鳥取県にあることを認識させてくれた。ちなみに、嫁は、「妖怪しるこ」を買っていた。どんな妖怪がしるこの中から浮かんでくるか(目玉のオヤジ)を期待しながら楽しみにしているようだ。

20060504 隣接する神代植物園は、バラフェステバルが5/13から開催される。我々は、ちょっと早かったようだ。Sさんからの少し早いと情報は、ズバリ的中していた。
入ってみると、ベゴニア、さつき、ボタンが細々と見頃だった。バラは苗木売り場に咲いた鉢があったものの、公園内はつぼみが膨らみ少なくともあと1週間はかかる状況である。

ベゴニアはこんなに華やかなのかと思わせるほど、温室内で大輪を咲かせていてぼたん並の見ごたえだった。

バラのピークは、5月下旬から6月初めかな。

|

« かたもみセンター・れ | トップページ | 京都ドライブ Part1 »

Vita」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70696/1700232

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺とゲゲゲの鬼太郎:

« かたもみセンター・れ | トップページ | 京都ドライブ Part1 »