« 朝マック | トップページ | 電柱移設完了 »

2006/05/14

「しらす」と「じゃこ」って違う魚?

我が家では、どこの店で買った「しらす」がうまいのか話題になるほどにはこだわりがあるおかずです。

今日は、「じゃこ」と同じ魚ではないだろうということで、ちょっと調べてました。

一般的には関東・伊豆地方ではしらす干し、駿河湾から西ではちりめんじゃこと呼ばれます。また、七部乾きの柔らかい状態にしたものをしらす干し、固くなるまで乾燥させたものをちりめんじゃこと区別 する場合もあります。・・(我が家では乾燥度合いで区別する方です。)そして、生のままをすいて薄い板状に干し上げたものはタタミイワシ、幼魚を干物にしたものは正月料理に欠かせないごまめ「田作り」になります。

成魚よりも稚魚のほうが人気がある不思議な魚で、親は、ニシン科でマイワシやカタクチイワシ(種類だけでマイワシとは、一種に断定していない。・・確かに海で稚魚をみて細かく種を断定できないよね。)秋が旬。稚魚を、塩水で釜揚げにしてから干したもの。いわしは天然の近海物が安く手に入る希少な魚らしいです。

|

« 朝マック | トップページ | 電柱移設完了 »

おいしい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70696/1791862

この記事へのトラックバック一覧です: 「しらす」と「じゃこ」って違う魚?:

« 朝マック | トップページ | 電柱移設完了 »