« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

まったり

20060528_ 天気のいい土日は、代官山モンスーンカフェのテラスでランチがいい。

今はそう交通量もない旧山手通りの並木、新緑が気持ちいい。 前菜の生春巻き、海老トーストもおいしい。 こんな時は、ちょっと行儀悪く足を他の椅子に投げだしてぼんやり行き交う人たちを見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

京都4・・・燃費

200605061200605062_1 5/5京都ドライブは、なんと日帰りの無謀な無計画旅行でした。
発 20060505 0230AM
着 20060506 0230AM

なにより、E46で遠距離ドライブをしたかったのですが、諸負担金で金欠、衝動的だったので宿泊予約せず、高速深夜割引を利用した強行軍を実行、ちょっと挑戦的でもあり、真夜中のドライブももう何年もしていないので、年甲斐もなくドキドキでした。

写真は帰りのデータ、宇治東ICから目黒までの平均燃費と平均速度(少し危ない領域なのでチョット加工しておきます ^_^;)です。今回のデータで金字塔を立てたと思います。恐らく計測上、今後これ以上の数字はでないだろうと思います。
この機会に、今までの燃費報告をしておきます。

20060528_2002e46_318msp_4 ※帰りは、京滋バイパス宇治東ICから栗東まで、渋滞回避ルートで栗東で下り国道1号でドリフト族が泣いて喜ぶ峠、鈴鹿峠を登りくだり、・・中央ライン灯が着陸時のボーイングから見る滑走路みたいで綺麗だった・・亀山ICで東名阪自動車道に乗る。80分短縮。・・当時は半信半疑だったが後で調べると峠越えでショートカットする素晴らしいルートのようだ。

あとは一路東京を目指す。やはり1日の疲れからか、中間点の浜名湖までもたず刈谷PAで休憩、+浜名湖。今考えると半分寝ていたようで恐くなる。もう二度とむちゃはすまい。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖師谷 鈴木

20060527_ clariceがコロッケ食べたいというので、ちょっと気になっていた祖師谷の有名コロッケ店鈴木に行ってきました。

都営団地のそばにお店が並んだ中の1軒でしたが、しっかり地元に根ざしている感じがするお店です。小さくて見えませんが「松坂牛販売指定148号」らしく今でも1頭買いしているようで、コロッケにも松坂牛が入っている・・らしい。1000個/日は伊達ではないだろう。

で、実際6個とロースかつ1個買って食べてみると、コロッケはまあまぁかな。かつは、割にいい肉を使っているみたい。最近交通費を考えるとちょっと買いに行く勇気が出てこないかな。悪くないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

clarice_papa

20060523_220060523_1 5/23朝、右足が痛くて歩けません。念のため、出勤前にまたあのPOLO好きの整形外科医に見てもらいました。

昨日の夜、あの時に床を蹴ったのが原因。その時に右足薬指の根元靭帯が一部断絶したようです。処置として写真のような簡易ギブス、こんな大げさになるなんてビックリ。五十弱!(+_+)年生きてきてギブスなんて初めてのこと。そう、骨を折ったことないんですよ。医師によると、骨折は完治するが、靭帯断絶はなかなか元に戻らないらしい。また、靭帯損傷してから最初の1週間が大切、患部にストレスを与えないようにギブスがひつようなのだ。でないと、ながびくよ・・と 。。。本日年休

土曜日診察では、症状がよく土日は家ではギブスなし次回火曜日にはギブスをとりましょうとのこと。5/28(日)現在、自己診断ではほぼ治ったと思って普段どおりBMで代官山のモンスーンカフェと中目の4周年特売カルディにいって帰ると若干気になる痛みが・・・。思わず家でもギブスをまた始めた所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

マイクロフィルター

20060521_1 これ、どこの部分かわかりますか?  (^_^;

通常、外気流入(循環?する)にしているのでかなり世話になっているフィルターです。雨水対策でしょう、外気をボンネットからいったん真下になる手前の箱に落とし、下方から上に向かってフィルター通過させ、車内いれる仕組みです。つまり、内気循環ではこのフィルターは通過しません。

通常は、フィルター上部にプラスチックカバーが付きます。カバーは、3点バネ付きプラスチックネジでロックされています。 今回初めて掃除しましたが、箱の底は泥だらけ、フィルター下部は埃だらけなので水洗いはいけないらしいので軽く叩いて埃落としておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/18

京都3・・・東寺、平等院

20060505144418 三十三間堂から急ぎ走ったこともあり、清水寺の駐車場から嫁とclariceを迎えに戻ったE46の中では、汗だく、フェイスタオルです。この日は真夏のように暑く、汗かきでない私の顔から噴き出す汗の量からGWにしては温度計を見なくてもとんでもない気温である事を示しています。

次は、五重の塔を観に東寺です。

平安京遷都の折り、国家鎮護のために、羅城門の左右に築かれた東西20060505_1両寺の一つです。 伽藍配置は、奈良時代の寺院建築形式で、南大門・金堂・講堂・食堂(じきど う)・北大門が一直線に並び、南大門の東に五重塔、多くの文化財が保存されており、さながら美術品の宝庫です。
五重塔(国宝)は、総高57m現存する日本の古塔中最高の塔で圧巻です。
金堂(国宝)と講堂(重文)にも入ってきましたが、鎮座する薬師如来と大日如来像が修学旅行では感じなかった何かを感じさせました。我が家では食堂(しょくどう)と間違っちゃいましたが、変だなと小腹を感じながら入った「じきどう」では黒こげでさらに保存コーティングした四天王が見えました。
塔の下にある写真は、こんなものあるんですね、おりたたみ型の長椅子です。

20060505171230 十円玉に刻印されている宇治・平等院は東寺からちょっと離れています。4か5時少し前、チケットを買うと直ぐに平等院ミュージアム鳳翔館に案内していただきました。鳳翔館の入館は早めに締め切られるのです。中は、鳳凰堂の鳳凰が間近でみれたり、整理した展示、そして繊細な空調に気を配った保存・保安設備も立派で入館しない手はないと思いました。

外にでると、平等院そのものは思ったより横に長くはなく、鳳凰も小さくしか見えないので鳳翔館でじっくりみて良かったようです。綺麗な十円玉をclariceに渡し確認してもらいました。内外の藤の花が見頃できれいでした。

宇治は平安時代は交通の要所だったらしいが、今は田舎にぽつんとある観光地って感じです。平等院のごく近く宇治川を見ながら、宇治そばとちまきをいただき京都は完了。

続きを読む "京都3・・・東寺、平等院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

電柱移設完了

20060412_10cmバックのための電柱移設工事が完了しました。

嫁もVitaでは問題なく車庫入れできていたのですが、BMはかなり微妙でした、たった10cmですが今はか・な・り入れ易くなりました。

実は、一年半前、移設了解についいて○×化工の総務課長と一悶着あったのです。現在は、既に土地を売り確か静岡に移転してしまいました。

1年半前、東電さんから、地権者やお隣さんに了解いただいたのですが、地権者ではないが電柱に隣接しているため化工に了解を申し出たところ断られたとのこと。(x_x)

直後、分かってもらいたいと私が直接電話コンタクト(この時が初めてです。)、始めは担当者だったのですが、総務課長(会社を代表しての発言だろう)と現場で会うことに。彼の言い分「土地の評価が下がるから・・」だと。ちょうど土地売買契約が成立したかしないかのタイミングだったとはおもうが、資本金も億円は裕に越える企業なのに・・・なんかいけすかない感じでした。

こっちはか弱い小市民なのに、おさらばする土地では近隣住民に配慮する必要はない・・見たいな印象を受けた。サラリーマンの腹の小ささや根性が分かり大変不愉快だった。

昨年12月東電に検討再開依頼、今回は私が皆さんとの直接了解を求めました。要の新しい所有者との会話もスムーズにいき、ゴーサイン。今回仮柱設置と撤去を含め移設が完了した。要望した雨水の溝もよくできていて満足である。

現在、跡地ではA社の物流拠点が工事中である。事前説明会に何度か参加させていただくと騒音、振動、粉塵の当面問題、また、かなり地下を掘ること、建物が17m程度になることなど地下水、日照的も多少の不安がのこる。夏場の振動と粉塵はすごく迷惑ではあったが、交渉成立した。(^^;)

電柱移設の負担額、当初見積もり20万円弱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

「しらす」と「じゃこ」って違う魚?

我が家では、どこの店で買った「しらす」がうまいのか話題になるほどにはこだわりがあるおかずです。

今日は、「じゃこ」と同じ魚ではないだろうということで、ちょっと調べてました。

一般的には関東・伊豆地方ではしらす干し、駿河湾から西ではちりめんじゃこと呼ばれます。また、七部乾きの柔らかい状態にしたものをしらす干し、固くなるまで乾燥させたものをちりめんじゃこと区別 する場合もあります。・・(我が家では乾燥度合いで区別する方です。)そして、生のままをすいて薄い板状に干し上げたものはタタミイワシ、幼魚を干物にしたものは正月料理に欠かせないごまめ「田作り」になります。

成魚よりも稚魚のほうが人気がある不思議な魚で、親は、ニシン科でマイワシやカタクチイワシ(種類だけでマイワシとは、一種に断定していない。・・確かに海で稚魚をみて細かく種を断定できないよね。)秋が旬。稚魚を、塩水で釜揚げにしてから干したもの。いわしは天然の近海物が安く手に入る希少な魚らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

朝マック

20060513 今日は、嫁が先週から言っていた朝マックです。

私はマックの肉が嫌いではないけど食べる気になれず、いつもフィレオフィッシュ。根拠ないんだけど、アメリカで利用シーンを見ると殺風景なマックでは低所得者and/or見るからにルーズな人が食事する所で、体にあまりよくないような気がする。健康にうるさいアメリカ人は、他で食事しているではないかと。

試しにエビフィレオを・・価格からしてまぁこんなもんだな、上出来か?。浜田山のマックは、2階にダイソーがあるのでお金もかからずお気軽です。でも、この前は嫁がえらい買い込んで四千いくらになってたなぁ。

・・・マックを卒業する日が来るのだろうか。(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

ガラスアート

20060508_1 嫁とclariceは、ガラスアート屋さんが大好きです。

清水寺ちゃわん坂下のガラスアート屋でたっぷり、こっちがいい?あっちがいい?とご検討。(-_-#)
でも、私がそっけない返事だし、急がしたからパパといっしょだとつまらないって・・(^^;;

これは、clariceが買ってきたガラスの女の子。いくらしたかは知らないけど、細部までなかなかいい仕事してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都2・・・三十三間堂

修学旅行以来30年ぶりの入場券はお札になっていて一味違う趣向です。足利3代将軍義満が大変気に入った?という北山文化の象徴の金閣寺(鹿苑寺)は、リフレッシュ後の保存状態がよいようでした。順路に従い少し散策、早起きだったのでちょっと顏がいつもと違う感じでしたが、^_^; 毛氈でお抹茶をいただきました。次はどこに行こうか、今日一日だと余り沢山は回れません。

2006050509473420060505113556  移動時間と修飾を加味すると少なくとも一ヶ所1時間で、4,5ヶ所かな、いきたい所からということで次は清水寺に決まり。公共駐車場に入れるかちょっと不安でしたが案の定、約1Km前からみっちり詰まってます。それに外は、真夏のように気温がグングン上がってきました。いいかげん待ちきれず、約2、300m手前のコインパーキングがラッキーにも空いたので入庫。15分100円。徒歩でちゃわん坂から舞台を目指す。坂にもこの先に駐車場なし表示がある駐車場は10分100円いい価格になっている。清水の舞台を順路に従いまわり、音羽の滝近くのお店で、湯豆腐、そば、ところてんを食す。

車か歩くか迷ったあげく、駐車がまた混雑しているかと想定して三十三間堂まで歩くことにした。行ってみると堂内には意外に大きな駐車場スペースが・・・乗ってくればよかったぁ。
中でも、中央の巨像(中尊)を中心に左右に各500体、合計1001体の千手観音が圧巻です。実際に全ての観音像に40本の手が彫られていて、それが1001体も整然と波乱でいます。どの角度でみても、くすぶった金色が斜め直線状に整列しています。よくも丹念に1体1体彫れたものです。何でも1体が三十三に変化するので、1001×33=33,033体になるとか。もっとも、三十三間堂は、三十三間(げん=6尺)の柱に由来するらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

海猿

20060511_3 GW最終日5/7、海猿2見に行ってきました。

確か5/6公開、テレビでは1週間前位から公開日をターゲットに特集や海猿1放映で頭がもうバッチリ海猿モードになっとります。海上保安庁の方々がそんなに忙しくちゃ治安的に問題だろう、消防署のレスキュー同様に通常は事件に備えて体を鍛えているというのが日常ではないかと思いますが...命に関わる救出ドラマにまっている可憐な女性を折り込むと・・胸にジンとくる環境が揃いまくりです。

頭が痛くなるほど泣いてしまいました。(T_T)

続きを読む "海猿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

京都ドライブ Part1

20060505 5月5日午前2時に起きて、待ちに待ったE46での長距離ドライブと京都見物に家族そうでで出発です。いったんは予算の関係で断念しましたが、強行軍のスケジュールで実現しました。・・・体がもつか

今回のGWは、ディズニーランド、深大寺、京都と盛りだくさんになりそうです。ただ、ケチケチ旅行ということで渋滞回避と併せて高速深夜割引が必須です。京都金閣寺まで約500Kmすきすきの早朝を東名へ。中間地点の浜名湖には、5:50AM、出てきたばかりの太陽が眩しい中で到着。ひ20060505092303_2 と休憩です。5:00代で起きているなんて、何年ぶりだろう。桜木町でタコやって以来かな?clariceは、初 めてじゃないかな?

E46は、通常巡航速度ぬぬわ~ぬふわKmで極めて順調に駆け抜けて行きます。時々レーダのシス・Hシス警告で減速しますが、まだまだ余裕がある感じで頼りになります。途中、しばらくE90や黒ポルシェとランデブーしたりしていい気晴らしになりました。(^^;)

嫁が、自宅前から誤った電話番号を入力していたので実は金福寺に着いてしまったのだが、その15分後9時少し前には無事金閣寺駐車場待ち行列の中でした。BMくんを降りてみると、案の定、沢山の虫がフロントのナンバープレート、ライトにへばりついて潰れ臨終していました。この汚れをほって置くと、案外落ちなくなるのです。

燃費11.6Km/L,帰途で確認するのだが13Kはいっているようだ。

| | コメント (0)

2006/05/07

深大寺とゲゲゲの鬼太郎

2006050413383820060504131008_2 深大寺と隣接する神代植物園にいってきました。

最近ナビがあるから楽ちんです。前もって地図調べをすることなくお出かけできるのですごく助かります。腰が軽くなっただけでも効果は絶大だと思います。ただ、基本的にポイント・トゥー・ポイントで隣接状況が見えないので良くない影響もあるが使いようだろうと思う。後で地図調べすればいいじゃん。

深大寺の門前そばは有名で、前から一度は食べてみたいと思っていた20060504160938 20060504162335が、こっちは事前調べが必要だったようだ。昼時に空腹だったので駐車場から歩くと始めに目のついた寺裏の店にはいった。そばは、市販のそばを裏で茹でたかのように味気ない。このレベルで、ざる\800、とろろ\900はちと恥ずかしいかろう。満たした後、門前を散策すると、手打ち実演、自家製そば粉など同じ値段で店の雰囲気もよさそうな店多数。次回は、門前西カドの元祖嶋田屋のそばを食べてみよう。

あめやは、モダン和風菓子というか、そばクレープ、くさ焼きまんじゅう、・・高菜パン、パインあめ、など面白いお菓子を高校生くらいのお姉さんお兄さんが売っている。
もう一軒、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪とコラボしているお店が面白い。写真はビビビのネズミ男・・分るかなぁ・・商品「ふりかけばばぁ」と「ふりかけじじぃ」(味が違う)このほかにも、思わず微笑んでしまう妖怪企画商品が多数ある。みずきしげると本格的に連携しているようだ。確か・・妖怪たちが陳列する小道がどこかにあったような・・と思っていたら・・鳥取県にあることを認識させてくれた。ちなみに、嫁は、「妖怪しるこ」を買っていた。どんな妖怪がしるこの中から浮かんでくるか(目玉のオヤジ)を期待しながら楽しみにしているようだ。

20060504 隣接する神代植物園は、バラフェステバルが5/13から開催される。我々は、ちょっと早かったようだ。Sさんからの少し早いと情報は、ズバリ的中していた。
入ってみると、ベゴニア、さつき、ボタンが細々と見頃だった。バラは苗木売り場に咲いた鉢があったものの、公園内はつぼみが膨らみ少なくともあと1週間はかかる状況である。

ベゴニアはこんなに華やかなのかと思わせるほど、温室内で大輪を咲かせていてぼたん並の見ごたえだった。

バラのピークは、5月下旬から6月初めかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

かたもみセンター・れ

20060503145633 clariceが従業員1名兼社長をしている、かたもみセンター・れ(まるの中にれ)。かたもみの他に白髪ぬきぬきのサービスがある。誕生日サービス、毎月25日とNov.はサービスdayである。その他セット価格があってお得である。しかし、ちょっとネタばらしをするとひどい父親像が浮かぶ。

1年半位前の、白髪抜き代 ママ:7円/本、clarice:5円/本。

センター設立後の料金、clarice 50円/30本・・・その他セット価格あり

当然、ママに白髪抜きを頼むことは無くなった。

clariceは、この図式に気がついているのだろうか。販売プロモーションの才があると思うし、計算高いハズなんだが。・・・ m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »